ガラケー両親へ初めてのスマホプレゼント計画

両親へスマホプレゼントしようと思います。

我が両親のスペック
・70歳近く
・ガラケー使い
・母親→電話・メール操作可能
・父親→電話利用可能、メール操作不可
・タブレット、パソコン共に利用無し

考えている事
・メインガラケーはそのまま利用してもらい
 ライン専用機としてスマホを利用してもらう。

考えているキャリア
・Lineモバイル
・楽天モバイル
・ワイモバイルのシェアプラン

このブログ記事へ時系列を書いていこうと思います。
気になって頂ける方はぜひこの記事をブックマークやツイート下さい。

webマガジン比較

先日コンビニに立ち寄った際に書籍コーナーを見ていた際、日経トレンディのを立ち読みしていました。

読んでいた中身が気になり、雑誌の価格を見てみると600円ちょっと。
うーん、この雑誌を買うかどうか迷ってしまう。

そこで、ふと思った。最近よくある月々500円位でこういった雑誌が200とか300冊とか読めるっていうwebマガジン。

日経トレンディ一冊で600円以上するんだったら、月々500円位で沢山の雑誌が読めるwebマガジンって、とってもお得じゃないの?

そんなわけで紙で発行されている雑誌とwebマガジンの違いについて比較しつつ調べてみます。

webマガジン業者一覧

  • 楽天マガジン
  • Tマガジン
  • Dマガジン
マガジン名取り扱い雑誌数雑誌数月額料金(税抜き)
楽天マガジン約250250誌以上380円
Tマガジン
約450450誌以上400円
Dマガジン約400400誌以上400円

購入する電子書籍との違い、メリットデメリット

・webマガジンのメリットは月々定額の安い料金で様々な雑誌を読める業者が多い

・購入するタイプの電子書籍と、楽天マガジンのような月額〇〇冊読み放題の違いとして、楽天マガジンのような月額制の読み放題サービスの場合には、読める期限が決まっていることです。

・紙の雑誌と比べwebマガジンだと一部掲載されないコンテンツがある。

気になったそれぞれの違い

それぞれの取り扱いの誌面数の違いについても気になる所ですが、私が気になった点として、誌面の取り扱い開始日について。
そもそも私がwebマガジンを使ってみようと思った理由はコンビニで日経トレンディの雑誌の内容が気になったから。

そして各webマガジンの会社を調べてみると取り扱い開始日が違う事が分かりました。

日経トレンディ2020年2月号
dマガジン 配信日2020/01/25終了日2020/03/25
楽天マガジン 配信日2020/01/25 終了日2020/03/26
Tマガジン 配信日2020/02/04終了日2020/03/03

取り扱いの雑誌数や月額料金の違いもやはり気になる点ではありますが、私の場合、コンビニの立ち読みで見かけた気になる記事がのっている記事の雑誌の取り扱い開始時期。気になった記事の雑誌の取り扱いは早い方がやっぱりいいですよね。今回は日経トレンディのみでしか各社を見比べてないので、他の雑誌については早い遅いは変わるのかもしれません。

ダウンロードして読めるのか?

調べてみます。

購入する電子書籍との違い。メリット、デメリット

読める期間の違い。購入タイプは一度ダウンロードすると期間なく読める電子書籍である事が多いようです。それに比べ月額制のデメリットとしてwebマガジンの場合には取り扱い期間を過ぎるとバックナンバーについて読めなくなる事が多いので、長く読みたい人にとっては購入版の方がメリットがあるようです。